では「Youtube」で稼ぐために「ネタ」はどうすればいいのでしょうか。

 

ネタ(テーマ)には大きく分けて2つあります。

1つは「トレンドネタ(ニュース)」で、2つ目は「特化型」といわれるものです。

 

「トレンド」は簡単に説明すると、「今起きていて、その瞬間の価値」ということが当てはまります。例えば事故や事件です。

 

報道されているその数日間は話題になりますが、その後は薄れていき、しばらくすると「そんなことあったね」とか「そんなことあったかな?」と忘れ去られていきます。

こうなると、よほど興味がある人でなければ調べることはありません。

 

つまり旬の過ぎた情報では再生回数が上がりにくくなる状態になります。

 

「特化型」の場合、時間が経っても色あせないコンテンツといえます。

例えば、面白い、笑えるものや景色(風景)、ハプニング、衝撃映像なんかも該当すると思います。

 

こちらは時間が経過しても「こんな動画見たい」「こんな映像を見たい」と思うと調べてくれますから再生回数自体が維持されます。

もちろん初速よりは再生回数が落ちる動画はあります。

 

私もどちらのタイプも動画を投稿をしましたが、時事ネタといえる「トレンド型」の動画は日に日に再生回数が落ちていき、新しい動画をアップしない限りそのカテゴリー全体の再生回数は上がっていきませんでした。

 

つまり「トレンド型」はできれば毎日アップし、何個もアップしたほうが人目に付きやすくなり再生回数とチャンネル登録者が伸びるという結果になります。

再生回数の初速は「トレンド型」の方が、私の作った動画では早かったといえます。

 

「特化型」の方が初速はやや遅いのですが、放置していてもアクセスがあまり変わらず、チャンネル登録者が増えてくるとアクセスが増えていくので作業的には「楽」かもしれません。

 

以上の「トレンド」「特化型」どちらにも当てはまりますが、結局は「面白い動画」「ためになる動画」「見たい動画」なのか、これが肝心です。

 

しかしYouTubeアドセンスは、これだけの文章で説明できるほど単純ではなく、「もう一工夫」することでネタに悩まずに実践することもできます。

そこがYouTubeの奥の深さと面白さではないでしょうか。

 

工夫や発想の転換をさせてくれるのが小西和夫さんの「YouTube特化型権利収入構築プログラム」です。私は勝手に小西和夫さん凄いな、と感心やら尊敬しています。

YouTube商材のスペシャリストで、また自らブログをこまめに更新し活動しています。

 

YouTube特化型権利収入構築プログラム

 

こういう方ってあまりいないんですよ。

どこか偏ってしまいがちなのがネットビジネスの悪いところかもしれませんね。

 

YouTubeは決して楽な作業ではありませんが、今まで稼げなかった人で地道に同じ作業ができる方には非常に適したビジネスモデルです。

 

YouTube特化型権利収入構築プログラム

 

 

 

それともう一つ、YouTubeで他のものと着眼点が違うのが「Youtubeオタクマーケティング!」です。

 

Youtubeオタクマーケティング!

 

これはアドセンスだけに特化したものとは違い、YouTubeの違う顔を見ることができます。このカテゴリーでたまに「アドセンス」だけではありませんと書いていたのはこの手法のことです。

 

YouTubeを極めたい、YouTubeで大きく稼ぎたい方はこのノウハウもプラスしておくといいでしょう。(もちろんYouTube特化型権利収入構築プログラムでも十分です)