YouTubeって稼げるの?ということが初心者の方は知りたい部分でしょう。

 

結論は「労力はかかるけど稼ぐことはできます」。

「労力が必要か」と思うかもしれませんが、「労力を使っても稼ぐことができない」ことが多いのがネットビジネスです。

 

このYouTubeでのモデルは「アフィリエイト」に似ています。

YouTubeアドセンスと表現する人もいますから種別はほぼアフィリエイトです。

文章が苦手な方のアフィリエイトといっても差し支えはないでしょう。

 

稼げるようになる期間もアフィリエイトのそれと似ています。

しかし、YouTubeの方が期間を短縮することが可能です。

短縮する方法は「動画を多くアップ」することです。

 

厳密には「質の高い動画を数多くアップ」したいのですが、初心者の場合、何が質の高い動画かは難しいと思います。

 

そこで様々なジャンルの動画をアカウント別にアップしていき、その中で比較的再生数が伸びやすい動画がでてきますのでその動画数を多くしていきます。

 

また「ツイッターとの連携」をすることができますのでSNS上からも集客ができます。

※アフィリエイトも連携はできますのでお間違えの無いように。

 

そもそもアフィリエイトは、結果が見えるまでにブログ構築によるもので1~2か月程度はかかるといわれ、独自ドメインの場合さらにかかります。

 

じゃあ、更新する記事の量を増やしたり、SEO的に何かをすれば早くなるのでは?と安易に考え実行すると「Google」から痛い目にあうリスクがあります。

具体的には検索しても上位に表示されなくなるリスクです。

 

しかしYouTubeの場合、どんなに多くの動画をアップしたからと言って「ペナルティ」を受けたという話は聞いたことがありません。

まあ、将来的にはルールがどうなるのかはわかりませんけど。

 

YouTubeは収入源になるGoogleアドセンスを取得(審査開始)まで再生回数1万回のハードルがあります。

つまり1万回再生されなければ「無収入」ということになります。(アドセンスの場合)

 

初心者の場合この最初のハードルをクリアするのに苦痛を感じる方が多いと思います。

 

しかし、再生回数が比較的伸びやすい動画を作れた場合、日に日にチャンネル登録者が増え、それに比例して再生数も伸びやすくなりますのでアフィリエイトよりは目に見える数値がある分、やる気の維持はしやすいと思います。

 

私は様々なジャンルの動画を作りましたが、再生回数の伸びやすい動画は決まっていて、その伸びる動画に力を入れ、他の動画は放置しています。

 

数打てば当たるという考えではなく、もう少しだけ掘り下げて、数を打って当たったら一気呵成するといいでしょう。

 

とはいっても他にヒントはないのかといえば、もちろんあります。