テーマが決まったとして情報起業で重要になってくることは何でしょうか?

 

ランディングページの制作とマニュアル制作です。

ん、「簡単そうだな」と思いますが、最初のランディングページ次第で売れるのか売れないのかが決まるといっても間違いではないでしょう。

 

ちなみにランディングページは表紙とあらすじを一緒にしたイメージで考えてください。

 

ランディングページはデザインセンス、能力、書く技術、伝える技術とまあ多くの能力を必要します。

 

どんなに本編の内容が素晴らしいものであっても、アフィリエイターが食いついてくれないと紹介、宣伝すらしてくれません。

変な情報商材を紹介してしまうと、アフィリエイター本人の信用問題になりかねません。

 

また、アフィリエイターが販売してくれた場合の報酬が低すぎると紹介を躊躇する場合もあります。よほど優秀で有名な商材なら話は別ですが。

 

私の場合、文章を書くことはサラリーマン時代に日常業務でしたので、理解しやすいかは別にして苦手意識はありませんでしたのでスムーズに情報商材に挑戦できました。

 

しかしランディングページを作るのは初心者には難しく苦労しました。

今思えば、書きたい内容が決まっていたのであれば「外注」すればいいだけでした。

 

外注とは俗に言う「クラウドソーシング」です。

有名どころでは「ランサーズ」「クラウドワークス」があり、予算と依頼内容、注意点を決めて依頼を提出すれば安くて立派なものが短期間でできます。

 

現在のネットビジネスではこの「外注」を使って運営することが一般化してきました。

例を挙げるとブログ記事を書いて数百円程度という感じです。

 

作った商材は果たして売れるのか?

 

このページを読んでいる方はここが知りたいと思います。

私が作った商材は2つです。1つは力を入れて作り、2つ目は簡単に作った内容でしたが2つ併せて10万円程度の利益にはなりました。

正直10万円なんて恥ずかしい金額です。

 

販売するのに何か工夫をしたのかといえば「全く」していません。

ASPに登録しそのまま放置していただけで、アフィリエイターが宣伝してくれたのです。

 

販売があるとASPからメールがきます。

それだけです。

 

もっと売る方法はありましたがリスクがあるので辞めました。

その方法はアフィリエイターのサイトにオファーを出すことです。

「商材作ったので掲載してくれませんか」といった感じです。

 

リスクとは場合によって商材を見てもらう必要がありますので、紹介というよりは悪く書かれる可能性がゼロではない点がありました。

 

情報商材を制作するのに費やした時間は、1つ目は5日程度、2つ目は2日だったと思いますが、慣れてしまえば半分の時間でできると思います。

この労力で10万円ですから、まあまあではないでしょうか?

 

売上があったりすると「うちでもっと売れるように作り直しませんか?」といったアプローチも来ますがやりませんでした。

 

作り方はネット検索で「情報起業手順」等で調べればたくさん出てきますし、私もネット検索のみで作りました。

 

これもネットビジネスの形であり、稼ぐ人は一つの商材で数百万、数千万、数億稼いでいますから興味があり、文章も勉強、デザインも勉強できるやる気のある方はトライする価値はあると思います。興味があって資金がある方は外注してみてください。