中国輸入が軌道に乗り、次に考え始めたことは「リスクヘッジ」です。

物販のビジネスモデルで売上減少があった時、別の収入源が必要になると考えました。

 

そこで考えたのが「情報起業(インフォプレナー)」です。

情報起業とは簡単に説明すると、情報を作り販売することです。

情報の登録場所は「インフォトップ」「インフォカート」「アドモール」等のASPと言われるサイトになります。

 

自分自身が「情報商材」に不要な100万円以上をかけてしまったので「本当に役立つ情報」を提供したいということもありました。

今ではわかるのですが100万円以上かけても、稼ぐことができる情報はほぼありません。

 

これはアフィリエイターが「これは稼げます」「すごいです」のオンパレードで今でいうところのステマの場合すらあります。

 

また使える情報商材でも、初心者には難しく説明が不足していることも多々あります。

「おしい、もう少し○○を付け足したほうがいいのに」と思うこともありました。

 

そこで私が作った内容は、使えるノウハウをもっとわかりやすく、情報をプラスしてさらに便利にした内容でした。

 

現在販売されている商材で稼げたり使えるものは、ツール系を除き大体このパターンが多いと思います。

 

「これってパクリじゃない?」と思うかもしれませんが、半分は当たっているかもしれません。

しかし書店に足を運ぶとわかると思いますが、同じ分類の本は似ている内容で様々な出版社から販売されています。

 

内容を見ると説明のわかりやすさ、表現の仕方、図解入り、もっと詳しくと内容が出版社によって少し色合いは違います。

つまり扱う題材は同じなので内容は似ていますが、全部読むと差があるということです。

 

もちろん文章を変えても内容自体が同じであれば問題はありますし、文章や表現自体を同じにすると「著作権」にふれますので注意してください。

 

あくまでも、自分の言葉で自分のアイデアを盛り込み制作する必要があるわけです。

 

以上のような「元あるネタの改善版」以外にも「オリジナル」も作れます。

「そんなノウハウないよ」と思うかもしれませんが、自分の持っている「解決する能力」があればできます。

 

情報商材を購入される方は「悩みを解決」したいわけですから、解決させる何かがあればいいのです。

 

仕事もあるでしょうし、恋もある、会話術や書く技術もそうでしょう。

 

書籍になっているようなことは「情報起業」に通じているのです。

もう一度言いますが「著作権侵害」はだめですよ。

 

情報起業のメリットは、宣伝をアフィリエイターがしてくれる点、そしてヒットすれば大きな収入になります。

数打てば当たる方式で出しまくっている方もいます。

 

デメリットはあまりにお粗末な内容だとクレームや、ネット上で叩かれることにつながってしまうということです。

 

ですから内容がペラペラなものではなく、マニュアルは多少ボリュームを付けたほうが間違いはないでしょう。