ではどんな投稿内容がいいのでしょうか?

 

そのヒントは「ブログランキング」で見つけることができます。

読まれる需要があるものはランキング参加者が多かったり、ランキングの上位に表示されていますので比較的ネタは見つかりやすいと思います。

 

ここで注意することは、「長続きしない」内容の物は選ばないということです。

だからといって需要のなさそうな趣味は人には興味ありません。

 

よく趣味のことを書いているブログアフィリエイターさんがいますが、あまりにも需要のない趣味で「アクセスあんまりないだろうなあ」というのも見かけます。

 

ニッチ(隙間)で攻めるといい、なんていう方がいますが、そもそも今がニッチでもメジャーに変わる場合(後発追撃)もありますし、ニッチ過ぎると集客が困難です。

 

私には趣味はないし・・・という相談を受ける場合がありますが、私が相談者に「普段の生活サイクル」を聞くと、本人は気が付いていなくても、その中には立派な「趣味(ネタ)」はたくさん眠っています。

 

掃除、洗濯、散歩、料理、テレビ、ショッピング、ネット閲覧、ドライブ、たくさんあるじゃないですか!と思わずツッコミたくなります。

 

掃除であれば今流行の「得わざ」的なものを紹介してもいいでしょうし、料理もちょい足集、散歩なら写真集や季節、テレビは一番ありますがドラマネタ、ニュースと考え方を変えればみんなが興味を持ってくれそうなことは日常にあふれています。

 

でも、「ネタを考えて」「趣味を考えて」と固定された条件で考えはじめると発想がわいてこないのです。

 

テレビとネットニュースなんかは本当にネタの宝庫です。

国際情勢、スポーツ、ドラマ、バラエティ、なんでもネタになりますし、テレビやネット環境がある限り困ることもありません。

 

試しにドラマ名+ネタバレと検索すればたくさん出てきます。

ちなみに、情報を得ようとしている方は、複数のサイトを巡回したくなりますし、こっちのブログ(サイト)ではどのように評価しているのだろうと気になります。

 

そのため、自分のブログに訪問してくれる可能性もあるということです。

 

アフィリエイトでは比較的目に見える数字がでやすいといわれているトレンド型ブログで実践しても、1~3か月は結果に対して待てるだけの気持ちを持って実践しないとなりません。(実践しても内容によっては半年、1年以上収入は見込めません)

 

ここが最初に書いた「長続きしない」内容ならやらないほうがいいということです。

 

ひとつ例を挙げていきます。

私の知人にものすごくまじめで、人並外れた継続力を持っている人がいます。

その人は4年ほどブログを継続し、4年の中で数日しか休んでいません。

 

毎日毎日ブログの継続をし続けていますが、現在のアクセス数はブログ開設半年程度の状態と比べ、さほど変わりません。日によっては訪問者がかなり少ない日もあります。

 

これを読んでどう思いますか?

この人は実在していて話は事実です。この人は収入を得るためにブログをしているわけではないので続いているだけです。

 

これが、収入を得るためにブログをしていたらゾッとします。

ではなぜこの人はアクセスが伸びないのか?伸びにくいのか?

次はその点を考えていきます。