「せどり」について紹介していきます。

はじめに、せどりは日々姿かたちを変えながら進歩しているモデルで、昔と今では少し手法的な違いがあります。楽にできる仕組みもありますので興味のある方は最後までお付き合いください。

 

せどりは私がネットビジネスとして初めて実践したモデルです。

100円で仕入れたものが6,000円なることも10,000円になることもありました。

 

せどりは一言でいうと「安く買って高く売る」いわば商売の基本的なスタイルです。

昔のせどりといえば、ブックオフや古本屋、リサイクルショップ等で携帯電話片手に仕入れ値よりもAmazonで高く売れるものはないのかを探すのが一般的でした。

仕入れた商品をAmazonに出品して売れるのを待つ、これがビジネスの骨格になります。

 

私もガラケーだけで始めたのですが、無料で使えるせどりスマホアプリがありスマホを新規で購入しガラケー&スマホの二刀流で活動していました。

商品の探し方は簡単です。

 

無料のアプリで商品のバーコードを読み取ると自動でAmazon販売価格が表示されますから、Amazon販売価格ー仕入れ値=利益を計算し大きく利益が見込めるのであれば購入します。

 

せどりに興味のある方は不用品をせどりしてみる!

初心者がお店でせどりをするのは勇気が必要な人もいるかもしれません。

そんな場合は自宅にあるバーコードのあるもの(本、CD、DVD、ゲーム、使っていない貰い物の家電等)をせどりして、実際に出品してみることをお勧めします。

 

価値があるものであれば、いきなり数万円なんてこともあります。

私は以前、遊び終えたゲームは買取店に持ち込みしていましたが、せどりをはじめて自分で販売しています。理由はそのほうが儲かるからです。

すぐにお金に換えたいなら持ち込みのほうがいいでしょう。

 

また友人知人、家族に許可を得て他人の所有している物をせどりするのも一つの方法としてはありだと思います。

ただし、後々の人間関係には注意して、強引に頼んではいけません。

また利益の大きそうな物であれば、何かをおごってあげたり、多少の金額は払ってあげてください。

 

ここで注意することはAmazonの商品ランキングです。

このランキングが低い商品を仕入れると、仕入れた商品が売れにくいのでデッドストック化のリスクが高まります。(デッドストック=売れ残り、不良在庫)

 

私は山のように本やCD、DVD、おもちゃ、ゲーム等を血眼になりながら仕入れました。

結論、商品は売れますが・・・。

 

従来せどりのメリット

専門的な知識は必要なく参入しやすい。(今日からでもせどりは可能です)

 

物によっては仕入れが安く参入する際の資金が小さくて済む。

リサイクルショップ等でCD数十円なんてこともあります。

 

仕入れカテゴリーが広く、仕入れ商材を見つけやすい。

 

売上がある場合入金されるスピードが他のビジネスモデルよりは早く、即金性はある。

 

ブックオフだけがターゲットではなく「中古」と名の付くショップはすべてが仕入れルートになり、仕入れ場所の狙いを広くとれる。

 

従来せどりのデメリット

売れる商品がわかっていてもその商品を仕入れできない。

 

大なり小なり一般客の邪魔になり、場合によっては白い目で見られる。

 

せどり禁止の店もある。(最近は少し緩くなってきていると感じる)

 

商品を仕入れた分の場所をとる。

 

デッドストック化のリスクがある。

※デッドストックに備え仕入金額を小さく抑え過ぎるとAmazon商品ランキングが悪かったり、利幅が小さかったりということがあります。

 

地域にライバル(同業者)がいる場合、仕入れに苦労する。

 

仕入れる時間、労力には限界があり収入の限界値が見えてしまう。

 

従来型せどりは以上のようなところです。

非常にシンプルなモデルで「今すぐ」にでもはじめることができます。

 

次のページは「少し頭を使ってみるとどうなる?」ということについて進めていきます。