ネットビジネスで物販は稼ぎやすく、売上の振り込みも早めなので、比較的早く収入を得ていきたい方には向いているビジネスモデルだといえます。

 

商品を登録して販売できる通販サイトが多いことも物販のいいところです。

Amazonを筆頭に楽天市場、ヤフーショッピング、メルカリ、フリル、オークションサイトなどたくさんあります。

 

私は物販系を今でも収入の柱としていますが、何と言ってもAmazonが圧倒的に売上が高いのは間違いないことです。

 

今後もよほどのことがない限り、売上の差は変わらないでしょう。

私の場合、ヤフーショッピングやフリマ系は商品単価を稼ぐためのサイトとして活用しています。

 

経験上でも物販はAmazonを攻略することで収入の近道になるといえます。

 

Amazonで物販をしていく方法は大きく分けて2つあり、1つは「せどり」です。

せどりはネットビジネス手法としては古いのですが、少しずつ手法を変えながらいまだ現役のビジネスモデルです。

 

2つ目は「新品販売」です。

ここでいう新品販売とは「仕入れ販売」のことで、売れるもの、需要のありそうな物をリサーチし問屋や卸売りから仕入れることを言います。

※小売店から仕入れる場合は「新品せどり」として区分けしています。

 

以前は無料ツールがあり、売れ筋商品がわかる仕組みがあったのですが現在は使うことができなくなり不便な状況になりました。

 

だからといって、自分のセンスや思い込みで仕入れをしていると、今後間違いなく痛い目にあいます。それはデッドストックリスク(死筋商品化)です。

 

仕入れた商品が売れず、大量の在庫の山、家中在庫だらけ、私は一度このような状態になったことがあります。

さほどお金がない時代に「50万円以上」のデッドストックを作ってしましました。

 

今考えただけでもゾッとします。

このようなことの起こらないように、有料ではありますが、売れ筋商品を検索してくれるツール利用をお勧めします。

 

そのツールは「アマテラス」です。

 

アマテラス Amazon中国輸入転売リサーチ超効率化ツール
ツールのメリットはショップの売れ筋、売上個数を把握できますから、売れるかどうかもわからない商品を仕入れする必要が少なくなることです。

 

デメリットは価格競争を生み出してしまうことです。

しかし、価格競争は物販には宿命といえますから、必要になることは管理力です。

 

どのあたりで商品を撤退するのか、次の仕入れは様子を見るのか、このような管理力、価格調整が日々の仕事になります。

これは小売店の仕事そのものです。

 

早めの収入を目指したい、物販に抵抗がない方にはお勧めのツールです。

 

 

 

このツールには直接的な関係はありませんが、将来的に価格競争を回避していく方法で

「OEM」というものがあります。

簡単にいうと、現状である商品を違うブランドとして作ることです。

 

例を挙げると、ダイハツで作った車をトヨタブランドでも販売することです。

見た目はほぼ同じでも、車の名前が違うといったことになります。

 

「OEM」を請け負ってくれる代行もネット検索でたくさん出てきますが、注文ロット数が大きくなるデメリットがありますのである程度の収入の柱ができてから、次のステップとして考えた方が安全です。