どんなコンテンツでサイト運営していけばいいのか?

収入はどのように得ていくのか?

 

基本的な質問です。

あなたはネット検索を利用するのはどんな時ですか?

仕事で利用するから以外の回答をしてください。

 

こんな質問をされたら何て答えますか?

「わからないことを調べる」「暇つぶし」「困ったことを解決するため」「趣味」まあいろいろあるでしょう。

 

でも一言で表現すると「調べる」ということをしている使い方が多いのではないでしょうか?「調べる」ということは「困っていることがある」ということになります。

つまりネット検索は「問題解決」の手段でもあるわけです。

 

困っているといっても、自分自身の悩み、家族の悩みもありますし、暇だ~といった時間的な悩み(暇つぶし)もあります。

 

もちろん仕事上で利用していたり、ネットサーフィンが趣味なんかは除きます。

 

訪問者は問題を解決することができるサイトに「高い価値」を持つことになります。

代表的なのは「ウィキペディア(Wikipedia)」でしょう。

ウィキペディアの情報が正確か否かは別にして、辞書代わりに使われることが多く、wikiからの引用しているサイトもありネット上での影響力は高いでしょう。

 

ウィキペディアを制作するのは無理だとしても、何かを解決できる、または楽しませることができるサイトを作っていくことが、価値のあるサイトへの第一歩です。

 

価値のあるサイト作りのヒントは広告会社(ASP)にもたくさんあります。

 

収入を得る手段はブログアフィリエイト、トレンドアフィリエイトと同じく広告から収入を得ていくことになります。

 

広告といってもGoogleアドセンス、アイモバイル、medi8のような自動で広告が切り替わり表示されるタイプと成果報酬型広告があります。

 

成果報酬型(物販系)で有名なのは「A8.net」です。

https://www.a8.net/

 

A8は取り扱い広告数、種類が多くネタの宝庫といえます。

報酬は数百円~数千円以上とばらつきはありますが、掲載する種類に困ることはないでしょう。商品の販売による報酬や入会してもらうと報酬になるものまで多種多様です。

 

A8を見ているだけで、「あ、この商品いいな」「これ便利だなあ」という商品がでてきますが、その商品に需要がある場合は「それをサイトテーマ」として扱えばいいのです。

 

例えば、最近髪が薄くなったと思いながら育毛プログラムを見ていれば「これいいな」と思うでしょう。その場合「美容」についてや細分化して「顔」に特化したもの、さらに細分化して「育毛」専門でもいいでしょう。

 

私も少し髪が薄くなってきたのでいろんなサイトを見て参考にしていました。

 

また自分の趣味について調べる場合もあるでしょう。

私の場合PS4で遊ぶのが趣味ですから、欲しいソフトの販売日はいつなのか?その内容はどのようなものなのか?ということを調べたり、ソフトを購入してわからないことは、攻略サイトで調べたりもします。

 

その場合のサイトにも広告は掲載されていますので大小はありますが、そのサイトは収入になっていることでしょう。

 

つまり取り扱うコンテンツはたくさんあり、ヒントはASP、自分の悩み、他人の悩みの中に眠っているということです。

 

しかし、稼ぎやすいジャンルがあるのは確かです。