「PLATINUM TURBO」でサイン系ツールが気に入ってしまった私はそれからいくつかの有料ツールを買いながらFXをしていくことになります。

 

どれとはいいませんが「かなりひどい」ツールもありますから気を付けてください。

 

私が使ってみて「これはいい」と思うツールの一つに「ドラゴン・ストラテジーFX」があります。通称「ドラストFX]です。

 

【祝8,000名突破キャンペーン中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

 

まず「何がいいのか」といえばマニュアルが非常に丁寧に作られ、動画もわかりやすい点が挙げられます。

トレンド系のサインツールなのですが、大きなトレンドの波とエントリーポイントが明確で迷わない、そして波の強さがハッキリしているのも初心者には好感が持てます。

 

ドラゴンバンド(ボリバンの代わり)の感度もよく、このバンドだけでも結構使えます。

 

しかしドラゴン・ストラテジーFXは私の実践した経験で言うと「PLATINUM TURBO」よりは勝率が低いと思います。(やり方によるのでしょうけど)

 

そこでドラスト愛用者のブログを巡回し、「ドラスト+工夫」をしている方を参考にさせていただきながらツールを使っていきました。

 

ドラストを使い、工夫をしていくとどうやら「ドラスト+MACD」や「ドラスト+移動平均」との相性がよく特にMACDとの組み合わせは勝率を上げやすくします。

 

ドラストを利用しながら私の悪い癖は治らずまた新しいツールを購入することになります。「もっといいツール病」ですね。

 

次に取り組み始めたのは「4DFX」です。

このチャートは「連行足」で形成され珍しい物好きの私はすぐに飛びつきました。

 

これはすごいチャートに決まってる!そんな安易な考えです。

 

購入し中身を確認すると「少し説明がわかりにくく、足りない」印象はありますが何度か読んでツールを設置し眺めていると少しずつ理解ができました。

【支持されて1周年】4DFX -錬金スキャルロジック-

 

結論はこのツールでも勝てます。

しかし他のツールと比べコツをつかむまで少し時間を要します。

それと問題はツールをFULLで設置すると動作が重いこともややストレスに感じます。

 

また「連行足」を使いながら「ロウソク足」も使うと、「ここでは入れるのに」といったストレスも最初は感じます。

 

ロウソク足と違い「連行足」なのでトレンドがない場合は足が書き加えられることがないので、トレンドがないとチャートの動きもありません。

連行チャートの場合「待つ姿勢」を維持できない方だと「つまらないな」「物足りないな」と思うかもしれません。

 

「待てる方」はトレンドが動き始めた時にエントリーすることになりますので、ツール使用の有効性が高いのではないでしょうか。

4DFX利用者を見ると、癖があるツールだけにはじめは苦戦している方が散見できますが慣れてくると勝てるようになっている方が多いのも他のツールとは違うポイントです。