では本格的なサイトを作るとはどういうことなのか?

 

それはブログのような無料のものを使うのではなく、運営する経費をかけていくということです。

 

デザインが不得意な方や、ネットビジネスそのものが初心者の方は簡単なホームページやサイトを作るだけでも大変だと思いますが、「せどり」から将来的にはさらに楽に収入を得ていくためには必須能力になるため、少しずつでも習得していくといいでしょう。

 

私の場合、ホームページやサイトを作る技術はネットビジネスを始めてだいぶ年月が過ぎてきてからでしたので、サイト制作を始めてから「もっと早く勉強しておけば今頃は楽だったなあ~」と大変後悔しました。

 

もちろんサイト制作は初心者ですから全くというほど理解できませんでした。

 

では話を戻して、運営する経費をかけることでのメリットは、自分の能力は必要ですが、自由自在にデザインができ、またブログのような削除リスクがほとんどありません。

 

「ほとんど」と表現したのはホームページを運営する場合、レンタルサーバー(ネット上で土地を借りるようなイメージ)によっては禁止コンテンツ(アダルト系)があるのが理由になります。

 

有名なエックスサーバーはアダルト禁止になっており、少しでもアダルト色に類似した表現をしている箇所があれば警告がくるようです。

しかし、買い取りサイトのようなホームページでは特に問題はないでしょう。

 

デメリットは、やはり初期費用(抑えることはできます)がかかり、年間サーバー代がかかること、ブログに比べ制作後、検索されて表示されたり上位表示されるまでには時間がかかることが挙げられます。

 

時間とはどんなに質の高く、Googleに評価されるようなホームページを作っても概ね3~4か月は上位に表示されにくいということです。

 

しかし、将来的にブログページで上位表示できるかといえば微妙です。

サーバーを使うと3~4か月に対し、ブログも1~2か月はかかります。

※何か月というのは、サイト内容、対策によって異なります。

 

プロが作ったようなホームページを作りたい、将来的にはアフィリエイトに挑戦して楽に稼ぎたい、せどり以外のビジネスモデルを構築したい、そんな方は間違いなくネットビジネス初期でも能力に投資をするべきです。

 

せどりを実践しながらサイト制作、勉強とすごく大変ですが、「よし今から頑張るぞ」と思っていられる時間は意外にも少ないのでやる気スイッチオンの状態のうちに、初心のうちに実行することをお勧めします。

 

では自己投資、費用をかける部分について説明します。